​Rework Center

%25E5%25B1%25B1%25E5%25B4%258E%25E4%25BC

​医療法人社団山崎会サンピエール病院

​リワークセンター

​【更新履歴】

  • 2022   03    22   リワークセンター再開いたしました。  

  • 2022 01 30 現在、オンライン対応をしております。リワークセンターの情報については、当院ホームページ「新着情報&お知らせ」をご覧ください

  • ​2022   01   04    2022年リワークセンター通所開始となりました。

  • 2021 12 24   ブログページのリンクを追加しました。

  • 2021 12 16   スマートフォン版の不具合を修正いたしました。

  • 2021 12 15 2021年度の年末年始の情報を更新いたしました。

  • 2021 10 05  一般財団法人うつ病リワーク協会認定取得ページをアップしました。

Square Stage

​information

​お知らせ

 当院リワークセンターでは、

一般社団法人うつ病リワーク協会施設認定を取得いたしました。

 皆様の復職に向けてのお力添えと、質の良い医療サービスが提供できますよう、スタッフ一同研鑽に励んで参ります。

施設認定書.jpg

01 

リワークセンターをご存知でしょうか

 リワークという言葉は、Return to work が語源です。

 サンピエール病院リワークセンターでは職場復帰に向けて「集団認知行動療法」や「心理教育」「運動療法」などを取り入れたリハビリを行います。うつ病・適応障害・うつ状態などの精神的不調によってお仕事を休職された方や、現在お仕事をお探しの方が対象となります。

 当院センターの特徴は4段階に分けたステップ制度を採用しており、ご利用者様の回復状態に合わせたプログラムを提供しているところです。

 ステップⅠとⅡでは、主に生活リズムを整えることから始め通勤を再開するための土台を作ります。ステップⅢでは、

セルフリサーチの課題「自分史」が始まります。ご自身と向き合い自己理解を深め、精神不調の再発予防に繋げることが目的です。最終段階のステップⅣではセリフリサーチから離れ、ご自身を一つの製品のように客観的に捉え分析する「自分の取扱説明書」や、復職後の仕事内容の感覚に慣れるための「個別課題」、「認知機能トレーニング(脳トレ)」、一日の業務内容を考えその日のタイムマネジメントを行う練習などに移ります。

 ステップが上がるごとに負荷を掛けながら、復職に向けての準備を行います。

​ 利用期間は4ヶ月から半年を目安としております。休職期間が決められている方は、当院リワークセンターまでご連絡下さいませ。

ちょうちょ.jpg
 

02 

リワークセンター施設内の様子

 サンピエール病院リワークセンターは、別館4階にございます。​施設内の様子は、

下のギャラリーからご覧になれます。

 ご見学は、随時お受けしております。当院リワークセンターまで御一報くださいませ

​☎ 027-331-9002

 

​スケジュールとプログラム

03 

症状やステップ制の進み具合により、利用期間は前後しますが概ね4か月程度を目標にプログラム構成をしております。

​休職期間が決まっている方は、事前にスタッフまでご相談下さいませ。

​【1週間のスケジュール】

​月

​水

​木

​金

​金

9:45~10:05  軽運動プログラム 

​ウォーキング

​軽 運 動

​太 極 拳

ストレッチ

​筋トレ

​有酸素運動

​筋トレ

10:30~12:00 午前プログラム

​ヨ  ガ

​心理教育

​卓  球

​オフィス

ワーク

​認知行動療法

​ベーシック

13:30~15:00 午後プログラム

​S S T

​オフィス

ワーク

​ディス

カッション

​認知行動療法

​アドバンス

​アロマ

テラピー

​【1日のスケジュール】

​時 間

​内  容

9:20までに 開  所 リワークスタートです

9:30    朝  礼 ・ ラジオ体操

9:45~10:05 軽運動プログラム 

10:10~10:30  自主活動(課題やワークシートなど)

10:30~12:00  午前プログラム

12:00~13:00  昼休み(レストランソレイユをご利用下さい)

13:00~13:30  自主活動(課題やワークシートなど)

13:30~15:00  午後プログラム

15:00~15:20  室内清掃・振り返り

15:20~16:00  自主活動(課題やワークシートなど)

16:00までに   終  了 皆様お疲れさまでした

B27CA618-CB61-4F6D-AF4A-41FDCE5E5E22-2928-00000251DDC28C04.jpg

​プログラム

​心 理 教 育​

精神疾患や治療法、生活習慣などに関する講義や自己理解を促すワークを行います。​

病気への理解、自己理解の促進や自己対処力の向上を図ります。

​集団認知行動療法
ベーシック​・アドバンス

認知再構成法(コラム表)・行動活性化技法・問題解決技法・アサーション等の様々な技法を学習します。

ストレスに強い柔軟な考え方や行動の習得、自己対処能力・問題解決能力の向上を図ります。

​アロマテラピー

芳香成分を利用したセルフケアにより、​

リラックスの意義と方法を学びます。

​卓  球

卓球の練習や試合を通して、協力・協調​コミュニケーション能力の向上を図ります。

S S T
​社会生活技能訓練

​対人場面や社会生活上の問題について、​ロールプレイ・問題解決技能訓練などを行います。

​コミュニケーション能力の回復・向上を測ります。

​ディスカッション

参加者それぞれが役割を持ちます。テーマ​ごとに各グループで話し合い、

意見をまとめ発表を行います。

​集団適応力、自己表現力の向上を図ります。

​オフィスワーク

パソコン作業や読書などのディスクワークを行います。

​注意力・集中力・作業能力の回復、向上を図ります。

​ヨ  ガ

​ヨガのポーズや呼吸法を通して心身のバランスを整え、心のリラックスを図ります。

 

​ステップ制度について

04 

 当院リワークセンターでは、ステップアップ制度を採用しております。

ステップⅠ~Ⅳまでのご利用期間は平均で6ヶ月です。早い方でも3ヶ月の期間を要します。ご利用者様の課題の進捗や休職期間により、終了までの期間が異なります。

 

 ステップⅠは午前中のショートケアから。9:20~12:20までの短い時間から始めましょう。まずは、生活リズムの再構築からです。

 ステップⅡでは通所時間が15:20まで延長します。ステップが進行するごとにリワーク内での課題や、プログラムが増えてゆきます。復職に向け徐々に負荷を掛けて行きます。

 ステップⅢからはご自身と向き合うセルフリサーチの課題「自分史」に入ります。生い立ちから始まり発症に至るまでの過程を文章に起こす作業です。自分史によって、「ご自身の考え方のクセ」や、「ストレスを感じる場面」、「ストレスのサイン」などに気付くことが出来ます。自分史を元に再発防止策を考えてゆきましょう。

 ステップⅣでは、ご自身を客観的に捉え分析する「自分の取扱説明書」や、復職後の業務を想定した「個別課題」、「認知機能トレーニング(脳トレ)」などの課題に移ります。一時的に復職後の環境をリワーク内で再現します。

 総仕上げであるステップⅣでは課題が増える為、タイムマネージントの技能も必要になります。

 また、リワーク卒業後の支援として、毎月第二土曜日にフォローアップを行っております。

 復職後の様子や、職場での悩み、ストレス発散の場としてご活用をして頂き、卒業生の皆様が安定して就労を続けられる様お力添えをさせて頂きます。

​Step Ⅰ

ショートケア利用【9:20~12:20】

週5日間のショートケア利用を行います。

朝、決まった時間に家を出てリワークに通所をする習慣を作り、生活リズムを整えます。

Step Ⅱ

デイケア利用【9:20~16:00】

ショートケアから、デイケアに利用時間が伸びます。

活動性を上げ、プログラム内でも、他のご利用者様との協働の機会が増えてゆきます。

​少しずつ、負荷を掛けて行きましょう。

Step Ⅲ

デイケア利用【9:20~16:00】

セルフリサーチの課題「自分史」が始まります。

ご自身が歩んできた道のりを振り返ることで、ご自身の考え方のクセや、ストレスを溜めてしまう要因などを分析し、再発予防策を考えて行きましょう。

Step Ⅳ

デイケア利用【9:20~16:00】

復職後の業務内容を踏まえ、個別プログラムを実施します。

また、ストレス耐性を高めながら、復職に必要な実践的なスキルの回復を目指します。

01463940-2DF5-4D72-9898-B2C36CFE6210-206
 

リワークセンターでの費用について

05 

​ 各種健康保険(自己負担3割)が適用されますが、自立支援医療制度(精神通院医療)をご利用頂くと自己負担が1割に軽減できます。
 自立支援医療制度(精神通院医療)は、精神科の通院・薬局・デイケア(リワーク)に掛かる費用が原則1割となります。また、所得により上限額(2,500円・5,000円・10,000円・20,000円)が設定されます。上限額以上のお支払いは必要ございません。
 詳しくは当院リワークセンターまでご相談くださいませ。
なお、自立支援医療制度の申請には、主治医の診断書・保険証・印鑑が必要となりますのでご注意下さい。

 

​ショートケア 370円(1割負担時)
デイケア     820円(1割負担時)

● デイケアご利用時(ステップⅡから)は食事提供を致します。
  食事代は利用料金に含まれます。
● 心理検査など別途料金が発生する場合がございます。

​リワーク体験利用について

06 

当院リワークセンターでは、転院の必要はありません。

現在の通院先で外来治療を継続しながら当院リワークセンターを​ご利用頂くことが出来ます。

体験利用はショートケア(9:20~12:20)の時間帯となります。

主治医が他院の方は、体験利用前とリワークセンター登録前にデイケア担当医の受診がございます。紹介状(診療情報提供書)が必要となりますので、ご用意下さいませ。

​主治医他院場合

主治医が他院の方は、体験利用前とリワークセンター登録前

デイケア担当医の受診がございますので、ご確認下さいませ。

​リワーク見学

​体験前受診

​体験利用(1回以上)

​本 登 録

​主治医当院場合

まずは、主治医とリワーク利用についてご相談くださいませ。

​リワーク見学

​体験利用(1回以上)

​本 登 録

 
Keyboard and Mouse

スタッフについて

07 

 スタッフは、医師、看護師、公認心理師、精神保健福祉士です。
一般財団法人日本うつ病リワーク協会の要件を満たした、日本うつ病リワーク協会認定・認定スタッフ、日本うつ病リワーク協会認定・専門スタッフの資格を取得したスタッフがおります。
7B95D5C4-EE39-44E5-B603-3048B5AF08FC-716
 
ねむの木の写真.jpg

復職に向けてのお困りごとがございましたら​

当院リワークセンターまでご相談下さい。

山崎会ロゴ.png

医療法人社団山崎会

サンピエール病院

​リ ワ ー ク   セ ン タ ー

R e w o r k  C e n t e r​

rework@st-pierre.or.jp 

027-331-9002

〒370-0857 群馬県高崎市上佐野町786-7